肺の働きって?

肺は、呼吸で取り込んだ酸素と二酸化炭素の交換(ガス交換)をしています。吸い込まれた酸素は気管、気管支を通って、肺胞[はいほう]とよばれる小さな袋にたどり着きます。

ガス交換が行われているのは、肺胞の内側の実質[じっしつ]とよばれる部分です。
また、実質の外側にある壁のような部分は間質[かんしつ]とよばれています。間質は、酸素や二酸化炭素の通り道になっており、この間質を通って実質と血液との間でガス交換が行われます。