オフェブ服用中の医療費助成について

オフェブを服用する患者さんは、難病医療費助成制度や高額療養費制度を活用して、
治療にかかる費用(医療費自己負担額)を減らせる可能性があります。

IPF患者さんの公的支援制度

難病に指定されているIPFの治療においては、患者さんの経済的負担を減らすことを目的とした公的支援制度が設けられています。このコンテンツでは、IPF治療中に受けられる難病医療費助成制度、高額療養費制度についてご紹介します。

詳細はこちら

オフェブによるIPF治療 
医療費自己負担額計算ツール

オフェブを服用する患者さんの医療費自己負担額をシミュレーションする計算ツールです。難病医療費助成制度や高額療養費制度を活用した際の医療費自己負担額(目安)を、患者さんの重症度・年齢・所得にあわせて計算します。

詳細はこちら

【動画】よくわかる医療費助成制度の手引き

オフェブ服用中に受けられる医療費助成について動画で詳しく解説します。難病医療費助成制度や高額療養費制度のしくみ、申請方法や活用のしかた、またモデルケースを用いてオフェブを服用する患者さんの医療費自己負担額(目安)などをご紹介します。

詳細はこちら

ページトップへ▲

pc
2018年7月作成